トップ>しまばら病院>睡眠時無呼吸症候群

しまばら病院睡眠時無呼吸症候群

こんな症状に思い当たることはありませんか?

・大きなイビキをかく
・日中、よく眠くなる
・夜中に何度も目が覚める
・朝起きるのがつらい
・居眠り運転をよく起こしそうになる
その症状、睡眠時無呼吸症候群かもしれません

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何回も呼吸が停止することで、熟睡ができない状態が続き、本来では眠くならない時間であっても、強い眠気に襲われたり、居眠りしてしまうなど社会的に大きな損失を与える病気です。また、自覚症状のない人が殆どで、睡眠時無呼吸症候群の人は普通の人に比べて心臓病が3倍、脳卒中は4倍、糖尿病は1.5倍とリスクが高くなります。

どのような検査をするの?

●終夜パルスオキシンメトリー検査
睡眠時無呼吸症候群の有無は、簡単な検査により測定が可能です。簡単な問診と終夜パルスオキシメトリー検査を行います。小さな機械を自宅に持ち帰っていただき、就寝前に指先にセンサーを付け、就寝時に指先まで酸素が送られているかを確認します。こちらの簡易検査は自己負担が3割負担の方で約1,500円程になります。

●PSG検査(睡眠ポリソムノグラフィー検査)
簡易検査において、睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合には、必要に応じて、一泊入院をして精密検査(PSG検査)を実施します。PSG検査は3割負担の方で約28,000円程の自己負担になります。

治療方法は?

睡眠時無呼吸症候群が軽症の場合は、減量や生活習慣の改善だけで症状が改善することもあります。しかし、ある程度症状がすすんでしまった患者様は、ひどい眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなか前向きに取り組むことが難しくなります。

●CPAP治療(シーパップ)(持続陽圧呼吸療法)
簡易検査や精密検査で一定値を超えた場合、保険診療でのCPAP療法が適用となります。CPAPとは鼻に装着したマスクから気道へ空気を送り込むことにより、喉の中にスペースを確保し、鼻でスムーズに呼吸をすることが出来るようにします。CPAPを使うと、ほとんどの患者様が使ったその日からいびきをかかなくなり、朝もすっきりと目覚め、昼間の眠気も軽くなったり、消える事があります。
CPAP治療は3割負担の方で、1ヶ月約4,700円程度の自己負担となります。



ご相談・診察のご予約については、お気軽にお電話ください。

お問い合わせ先 TEL:075―371―3232