十全会グループについて基本理念・由来

理念・基本方針

基本理念

高齢社会を支える医療・介護の実践を使命とし、
全ての患者様が心の花を枯らす事無く、
生き生きと過ごして頂くことが出来る療養環境を提供する様、
精一杯の努力を致します。

基本理念

グループマークコンセプト

十全会の「十(じゅう)」の文字をモチーフとし、優しくいたわる(看護する)「人」を表現しています。グリーンは真摯な医療を示すものとし、橙色の楕円は「いたわりのまなざし」を表しています。

2002年9月30日作成

十全とは

十全の由来は、中国・周代(紀元前1046年ごろ~紀元前256年)の制度として書かれた周禮の出典によるものです。これには医師に対してのきびしい成績判定の仕方が記されていますが、我々も医療活動をおこなう上で、やはり十全(完全で十分にととのっていること)を目指したいと思うのです。