京都双岡病院施設紹介

施設紹介

施設紹介

京都双岡病院は1954年(昭和29年)科学的で適切な医療を普及する目的で開院。翌年医療法人を設立、長年にわたって高齢者の総合医療と看護・介護に従事してまいりました。
ごく軽度の方から重度の方の高齢者の認知症疾患にも重点をおき、徘徊や失禁などといった症状に応じて専門のスタッフが看護させていただきます。
また、自立の方から寝たきりの方までの病棟によって最適な看護・介護機能を備えております。

H棟病室

病室は明るくすっきりとした空間に仕上げています。
4床室は患者様がストレスなくゆったりと過ごしていただけるスペースを確保しています。さらに7室ある個室は感染症用の病室として使用可能な設計となっています。

H棟浴室

明るく広々とした浴室と脱衣室には温水式床暖房設備を完備し、いつでも安心して快適に利用いただけます。

H棟トイレ

車椅子の患者様にも共有して頂ける十分なスペースです。
大便器は負圧を維持して臭気を排除するように設計しています。小便器は壁掛け式とし、小便で床が濡れにくく清掃がしやすい構造になっています。

H棟食堂

患者様が毎日楽しみにしておられる食事の空間は、双ヶ丘に面した大きなガラス窓が明るく開放的な広がりを演出し、四季折々の風景を楽しむことができます。木目調の壁面と落ちついたデザインの家具を配置しています。

正面ロビー

竣工当時(昭和29年)は斬新なデザインだった天井のステンドグラスや床のタイルも、時代の流れとともに落ち着いた雰囲気を醸し出し、天井や窓から差し込む光は来院者様をあたたかくお迎えします。

中央ロビー

広々としたロビーには患者様の作品を展示させていただき、お見舞いに来られた方と安らいだひとときをお過ごしいただく場所として提供しています。

正面玄関

玄関には、四季折々の花々が咲き誇り、
来院者様をお出迎えしています。

院内設備

厨房

厨房は清掃作業区域と汚染作業区域を区分け、人や食材の流れを交差させない設計にして衛生管理を徹底しています。また、厨房内の温度・湿度の低減を図り、涼しい厨房機器と適切な空調換気設備を取り入れています。

洗浄室

省エネ設計による大幅なランニングコスト(熱源・水・洗剤)の削減、CO₂排出量の削減のため、ドイツ製の食器洗浄機を導入しました。2重断熱構造及び集中排気システムにより快適な労働環境を実現しています。

自家発電

電力不足や災害による停電に備え、非常用自家発電設備を設置しています。大規模災害や計画停電などで停電が発生した場合に、非常用発電機が作動し、医療用コンセントや非常用照明をバックアップすることで、医療機器の使用の安全性を高め、患者様の安全を確保します。また、厨房機器及び設備の電源をより長く確保できることで、患者様への食事提供が可能となりました。